読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる


永遠のテーマ

ソフトウェアの開発生産性の向上は、開発組織にとって永遠のテーマといえるでしょう。

“再利用”はそもそも「いかに作らずに済ますか?」を念頭に置いた異なるアプローチです。ソフトウェア再利用は、『ソフトウェア再利用の神話』(※)という名の書籍が出るほど、1つの理想とされながらそれをどう実現するか?という具体化の段階で多くの組織が立ち止まってしまう“難しいテーマ”と思われています。

なぜ難しいかって、複数人で使おうとするからなんですよね〜

ぶっちゃけ、自分だけで作ったソースを再利用することは一番効率がよい。

そしてみんな自分たちのソースを再利用してもらうとしてある程度汎用性のあるソースを作り、提供する。

同じようなことを他の人がやる。

はい、破綻。


難しい、実に難しい。

ソフトウェアなどで、同じロジック部分(メソッド)を書くとコンパイルエラーになったりしないものかw。
とりあえずはINとOUTが全く同じものは排除するとか。