読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる


十種競技で日本新!

スポーツ

陸上の日本選手権混成競技最終日は5日、世界選手権(韓国・大邱)代表選考会を兼ねて川崎市等々力陸上競技場で後半の種目が行われ、男子十種競技右代啓祐(スズキ浜松AC)が2連覇を果たし、8073点の日本新記録をマークした。従来の日本記録は1993年5月に金子宗弘が出した7995点で、これを18年ぶりに更新。

すばらしい。
あの金子さんの記録を破るとは。。。

それにしても、槍投げの記録が73m06は桁外れですな。。