読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる


肌着は着ない、でも・・・

日記 社会

かなり前、とある雑誌でシャツは肌着なのでその中に肌着は着ない、というのを見ました。

昨日、こんな記事がありました。

「国際的な基準では、ビジネスシャツは下着として扱われています。本来であれば、シャツの下には何も着ないのがマナー。下着に下着を重ねることになるからです」

next.rikunabi.com

やはり昔見た雑誌の内容は間違っていなかった。
なので、昔から肌着は着ません。
時々、なぜ着ないのかを突っ込まれることはありますが。


で、問題は肌着じゃなく、夏のようにシャツのままでいてる状態。
要は肌着でうろついているようなものなんですよね、これって。。
打ち合わせとかで半袖のシャツにノータイで出かけたりしますが、これはほんまはダメなんでしょうね。

ただ、

しかし、日本の夏は高温多湿。国際基準に則り、素肌にサラリとシャツを羽織っても、すぐに汗でべっとりと張り付き、乳首や胸毛、地肌までもが透けてしまう…という事態に。果たしてどうすればいいのか!?

男性必見!松屋銀座バイヤーが教える「この時期、ビジネスシャツの下には何を着るべきか?」 - リクナビNEXTジャーナル

ともあるように、日本は高温多湿。特に最近は猛暑が醜い。
カラッとした気候なら、ジャケットでも全然大丈夫だと思うのですが。


ちなみにこの季節、客先とか行くことがなければポロシャツを着ています。


オックスフォード地のシャツってあるんですね。

(プリントスター)Printstar オックスフォードボタンダウンシャツ 半袖 00801-OSS 033 サックス LL

(プリントスター)Printstar オックスフォードボタンダウンシャツ 半袖 00801-OSS 033 サックス LL