読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる


地震被害の種類と救助の経験

阪神大震災を教訓に、鳥取西部や伊予灘、新潟中越とこれまで多くの地震が起きたが、ほとんど全てが直下型で、地割れや建物被害だった。
救助も経験が積まれていくことで、効率化が果たせたかと思う。

でも今回は誰も経験したことがないような津波の被害。
津波で流された瓦礫がゴミが、無秩序に広がって、普通の車では走るのが困難だし、なにより危ない。
余震の危険よりも、それによる津波の危険、原発の危険と今まで以上の悪条件。
しかも東北の初春。

今回のは震災という名になると思うな。


被害が極力少なく終息することを願うばかり。