読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる


Javaでのお決まりな書き方とそれから反れる書き方

IBMdeveloperWorks Japanより。

この記事では、仮に問題があるとしても、意味的にはそれほど重要でないがために見過ごされがちな Java プログラミングの詳細を取り上げます。これらの問題は単にスタイルと慣例に関連することでしかありません。なかには問題と呼ぶべき正当な理由があるものもあれば、それさえないものもあります。しかしいずれの問題も、現在作成されている Java コードで実際に起きていることです。

業務でもいろんな人と一緒に開発をしたりしましたが、人によっては蹴飛ばしたくなるようなコードを書くような人もいます。

おそらく、自分のコードが一番なのでみんな真似をするように!みたいな気持ちなんでしょうかね。

JavaをCっぽく書くって話はよく聞きますが、実際ソースを見ると本当に無残なことなよくあります。
Exception処理なんておまけみたいな感じで。
#Exceptionで落ちたらどうするんじゃゴラァ!という感じ。。

できる人ほどそのプロジェクトで決められた書き方・ルールでコードを書く傾向があるかと思います。
特に指定がない場合でもきれいに書いてくることが多い。


ただ、PHPPerl、Shellに関してはどうしてもその人その人の癖が出てしまう。
#自分もそんな一人

結局コーディングってある種の芸術作品なんでしょうね。